FC2ブログ
TOP

Short StoryテイストSS 『美しき薔薇には棘がある!?』

ちょっと忙しかったので久々の更新です。
もうすぐ早期予約していた「蒼天のイシュガルド」が届くにも関わらず、黒い砂漠の世界を放浪している私です(・・
いゃ…だってね、グラフィッククオリティと動きが段違いなのと私個人の趣向にハマっているわけですょ^^;

そんなわけで思い立てば「SS撮影!」な私の撮り貯めたSSのいくつかをご紹介。
…ですが、ふつうに載っけてもおもしろくないので、ここはショートストーリー風のテイストで味付けしてみましょう(´▽`)♪
風景やシチュエーションなんかも綺麗なSSがありますしね!
SSは私テイストに若干の味付け補正・加工を施してあります。
あくまで素のSSを生かす方向性ですけどね^^
もちろんハイレゾでアップしてあるので、画像クリック⇒画像クリックで本来のクオリティで表示できます('-'*)


さて作品テイストは。。。
「私・ら・し・く」ね(´艸`*)フフフ

架空の男性視点で描きつつ、私視点に途中から変化するょ。


BD0618-M01.jpg

ずいぶんと前のある日の夕暮れ、ボクは夕日に黄昏る少女を見かけた。



BD0618-M02.jpg

ふと振り返った瞬間に目があった。
思わずドキっとした。
しかし、すぐに目を反らしその場を後にした。
きっとヘンな人だと思われてしまったかもしれない…。
その日から彼女の姿が脳裏から離れない。



BD0618-M03.jpg

ある雨上がりの日にボクは彼女と再会した。
じっとこちらを見る視線を感じながら、
今度は勇気を出して食事に誘ってみた。
「あ、あの…先日はどうも、よろしければ食事でもどうですか?」
「………………。」
「ぇ、えーと……ボクじゃダメですか?」
じっと考える彼女が小さく呟いた。
「…………ぃぃゎ。」



BD0618-M04.jpg

歩きながら他愛もない会話をした。
時折、微笑む彼女に鼓動は高鳴る。
「へぇ~、そうなんだ。このあいだは私のことばかり見てヘンな人だなぁって思ってたんですよ♪」
「(可愛い…でもなんだろ?この瞳の奥に感じる不思議な感覚は?…でもいいなぁ、理想だ)」
その日は食事で楽しい時間を過ごした。
次に出かける約束をして…。



※甘い純愛風!?で終わりたい人はここで終わりにしましょう^^
 昼ドラ級の展開を望むなら!?…後半を…(´艸`*)

BD0618-M05.jpg

約束の日、ボクらは近くの綺麗な景色が見える丘を目指して歩いていた。
「暑いね…ノドがカラカラだよ。」
「ちょうどいいゎ。ジュースを作ってきたの…(私特製のね)。」
「わぁ、ありがとう!頂くよ!やっぱり君みたいな女性は理想だよ!」
「……どうぞ♪」
冷たいジュースを一気に飲み干す。

「あ、あれ?暑すぎてバテてるのかな?目眩がするよ………。」

「大丈夫ですか?……横になっててもいいですよ…。」
ボクの意識はそこで途絶えた。



BD0618-M06.jpg

「そんなところで寝てると風邪ひいちゃいますよ~♪」
「………ぅ、ううん………。」
まだ意識がはっきりしない中、おぼろげに返事をした気がする。



BD0618-M07.jpg

「ホントに寝ちゃったんですね…。」
「……………ぅ…。」
チャキッ…。
かすかな金属音らしき音がした。
「さてと、そろそろね。」



BD0618-M08.jpg

しっかりと剣を構えると彼女の瞳の感じが変わる。
そう、氷のように深く冷たい目である。
「ホント、可愛いだの、理想だの…うざい男ね。」
彼女の手に力が込められる。

「理想を抱いて…」



BD0618-M09.jpg

「溺死しろ!」

凄まじい爆発音と共に寝ていた男は吹き飛ばされる。
その瞬間、彼は目を覚ました。
…だがすでに時遅く、その刹那の瞬間に彼女の鋭い刃は男の首元にまで迫っていた。



BD0618-M10.jpg

ザシュッ!
素早い彼女の刃は的確に男の首を捉えていた。
躊躇いのない非情の斬撃、顔の半分が肉塊をなって切り落される。
迸るおぞましい量の血しぶきがその惨劇を物語る。
男は状況を理解する間もなく絶命した。
最期に見た光景は、恐ろしく冷たい彼女の瞳と自分に迫る冷たい金属の刃であった。



BD0618-M11.jpg

「バカな男。暗殺を見られたと思って探していたのだけど、まさか自分から私に近づいてくるなんてね…おかげで手間が省けたわ。」
そう、彼女は以前に出会ったときに自分の所業を見られたと思っていたのだ。
しかし、現実はそこまで見られてはいなかったのだが…。

「自分の理想、夢を見せて逝かせてあげたんだから感謝なさいよ。」


-END-


風景、光源などを含めて綺麗でクオリティの高い「黒い砂漠」のSSをちょっとストーリーテイストで味付けしてご紹介してみました^^
ちがった感じでおもしろいでしょ?
後半は事実と昼ドラよりもドロ沼な!?展開で締めくくったわけですが…。
架空の男は、意外に在り得る話かも??
黒い砂漠ではないですが、別のMMOではガチでナンパしてくる人いましたから^^;
たいへんです…orz
でもこのゲームならこんなふうに斬ることもできるからスマートに解決できるのかしら(´ヘ`;)?

まぁ…紅の女王の異名を持つ私ですから…(・x・;
紅の意味は「血の色」、私は血の上に成り立っている…という意味合いかもね(´艸`*)ふふふ



Aika2015.6.18
スポンサーサイト



この記事へのコメント

- Arpeggio - 2015年06月19日 07:57:15

先ほどはお疲れさまでした。
最初の1枚だけは架空じゃなくて、めっちゃ既視感ありますよ(笑)

ネットでナンパする人って本当にいるんですね。
ゲームだと、いくらでも盛って自分を良く見せられるから、虚勢を張ったり、理想を重ね合わせたりしてしまうんでしょうね。

FF14楽しみですねー。
胸いっぱいの幸せを噛みしめながら、今日も一日お仕事頑張ってくださいね!

- グロッサリー - 2015年06月19日 18:54:11

ねぇねぇ、昼ドラドロドロどこーーーーww
恐ろしい事になってるよ((((゚д゚;))))

でも美しい暗殺者ステキ・・・

Re: タイトルなし - 愛華-Aika- - 2015年06月20日 06:21:31

アルペジオさま>
ありがとうございます^^
そういう人ホントにいるんですよね…初めて遭遇したときは驚きでしたΣ(- -ノ)ノ

FF14は昨日より先行プレイでどっぷりスタートダッシュ中@@

Re: タイトルなし - 愛華-Aika- - 2015年06月20日 06:23:01

グロッサリーさま>
ドロドロですよ~、血でΣ('◇'*)えッ!?
キャラメイク選手権でさえリ血染めで応募しちゃいましたから(・・;
ありがとうございます('-'*)

カウンター
BGM
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

愛華-Aika-

Author:愛華-Aika-
.
=Profile=
Night Lounge 『Étoile』~エトワール~へようこそ('-'*)
2018.4ブログ自体のコンセプトと名称を変更。テイストを一変しました!

ここの管理人、愛華です。
某所では「紅の女王」とも呼ばれているらしい…。(紅さん!?とか)

最近はFF14でお店巡りが新しい趣味で自分でもハウジングに手を出して、ノリで?同名のお店をつくりました♪
今まで通りSS作品の紹介もさせて頂きますげが、今後は通常のSSも織り交ぜつつ、コーディネートや他所のお店も紹介できれば…と考えております^^
いずれにしても独断と偏見?による完全な趣味の世界です('-'*)

オンラインゲーム歴はけっこうあるのですが、今はリアルが忙しいのでライトにプレイ中♪

■■■PLAY Place■■■
FINAL FANTAST XIV
⇒Chocobo

BlackDesert
[sleep]
⇒MegaSV Valencia ch

Blade and Soul
[sleep]
⇒真紅

PSO2
[sleep]
⇒Ship01 フェオ


プライベート&ビジネスユースではデジタル一眼レフを用いた写真撮影、フォトショップ・イラストレーター等を用いた製作・加工も少々行っています。

けっこうアニメーションとかも好きですが…というか趣味多彩♪
基本、いろんなジャンルに首突っ込みます!
政治・経済といったまじめ~な話からくだらないことまで('◇'*)
普段は温和でおしとやかですが…!?
一度スイッチが入ると…。
物事ははっきり言う主義。
フレにはヨツユさんやガハラさんと言われるくらいツンデレ?ツン?らしいです('-'*)
意外に!?料理が得意らしい。

リアル多忙の為、更新頻度は不定期…。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR